IMG

大切なバッグを守る「梅雨対策」

鬱陶しい梅雨の季節。雨の日が続くようなとき、バッグに対してどのような配慮が必要なのか。事前対策や便利なグッズ、濡れた後のケア方法など、梅雨の時期にしっておいてほしい知識を解説する。

雨が降る前から準備を整えておこう

撥水生地を備えたバッグを選ぶ

IMG

大切な荷物を入れて持ち運ぶバッグ。雨で濡れて台無しにさせないためには、バッグそのものが雨に強いことが一番だ。そこで第一に求めたいのが、撥水生地が使われていること。降雨によって付着した水滴を表面で弾き、内部への浸潤を防ぐことができれば、雨によって起こされるトラブルを大きく抑制できる。もちろん完全な防水性を備えているほうがより望ましいが、防水生地はコストがかかりやすく、またデザイン的な観点からもそれほど一般的な素材とは言い難い。その分、使用する繊維の種類や加工によって付与できる撥水性は、現代のバッグとして標準装備しておいてほしい機能ともいえる。
もちろんIncaseで展開されているバッグにも撥水生地が使われており、降雨時でも大切な荷物をしっかりと守ることができる。

防水スプレーでプロテクション機能をさらにUP

IMG

台風の接近やゲリア豪雨など猛烈な雨が予想されるのなら、さらになる対策も求めたい。生地に元々備わる撥水性だけに頼るのではなく、別売の防水剤を使って防水性能を高めるのがいい。溶剤が生地表面をコーティングすることで、生地内部への水分の浸透を防ぐことができる。
なお防水剤によっては、コーティングが固定するまでに一定時間がかかること、換気されていない場所での作業は呼吸困難を生じる危険性があること、生地によって変色するリスクがあることなども念頭に入れておきたい。
また、フッ素系やシリコン系のほか、近年では天然成分由来のタイプも登場。好みに応じて選びたい。

スニーカー ラボ/スニーカープロテクター 50ml詳細はこちら

レインカバーを使うという手も

IMG

バッグを物理的に覆ってしまうという方法もある。それがレインカバーと呼ばれるグッズで、伸縮するゴムやストラップを使い、防水生地でバックパック全体を覆うことで内部が濡れないようにするものだ。単純な構造ながら、効果はかなり高い。特にアウトドア用のバックパックにも、よく使われている方法だ。
360°全体を覆えるわけではないため完璧ではなく、レインカバーを装着すると中身を取り出しにくくなるといった欠点もあるが、もしものときのために携帯しておくと役立つグッズだ。

雨の日に気をつけることは?

傘の長さ・差し方に注意

IMG

自身の背中にセットするバックパックの場合、思っている以上に傘からはみだしている場合が多いことに注意したい。写真左は、身長175㎝程度の人が一般的に利用する親骨65㎝のビニール傘だが、バックパックはギリギリ傘の下の収まっている程度で、ちょっとでも風が吹けばバッグ本体に雨が吹き付けられる状態になる。これを防ぐにはより大きな傘にするか、意識的に傘を寄せるようにするか、前抱えに持ち帰るか、写真右のように一部が長くなった特殊傘を用意するかだ。常にバッグがどのような状態になっているのか、意識しながら出歩くようにしたい。

ファスナープルをトップに置かない

IMG

バッグ内部まで濡れてしまうのは、誤って水たまりの上にバッグをおいたというトラブルを除けば、生地の縫製部やファスナーの隙間から雨が浸透したケースが多い。特に気をつけたいのがダブルファスナーの場合、バッグのトップ部分に2つのファスナープルを持ってこないようにすること。バッグのトップ部分は水滴がたまりやすい場所であるため、そこに隙間ができやすいファスナープルを持ってくると、内部に水が浸入するリスクが格段に高まってしまう。そのため、ファスナープルは側面にセットしておくのが望ましい。

速乾タオルを携帯しよう

IMG

生地の撥水性を維持し、内部への雨の浸透を防ぐには、定期的に水分を取り除きたい。そこで役立つのが、マイクロファイバーを使った速乾タオルだ。アウトドアやスポーツシーンで利用されることの多いグッズで、軽量かつ薄手でありながら優れた吸水速乾性を持つため、バッグに付いた水分をすばやく拭き取ることができる。携帯性に考慮されたものも多い。

帰宅後のケアも怠らない

水気を取るようにしっかり拭く

IMG

帰宅後は、バッグに付着した水分を丁寧に取り除こう。生地表面や内部に水分を長時間留めておくことは、生地の劣化やカビ・異臭の発生を招きかねず、バッグそのものの寿命を減らしてしまうことになりかねないからだ。乾いたタオルなどを使い、バッグ全体をケアしていく。

風通しのいい場所に置く

IMG

タオルでケアしたあとは、風通しのいい場所に置いておこう。それによって乾燥を促し、カビの発生を抑制できる。帰宅後はバッグをクローゼットに収納しているという人も、雨の日に使ったのなら数時間は外に置いたままにして完全に乾燥させるように心がけたい。

内部まで濡れたら古紙や乾燥剤で除湿を徹底

IMG

もし内部まで濡れてしまったようなときは、古紙や乾燥剤を利用しよう。それらをバッグ内部に入れ、水分を吸収させることでいっそうの乾燥を促せる。ただし、これらを入れたままバッグを閉じて長時間放置していると、古紙や乾燥剤に移った水分がそのまま留まり続け、逆にカビを発生させかねない。そのため、吸湿した後は忘れずに取り出すようにしよう。

梅雨にも強いIncase の優秀バッグ

ユーザーにとっての最適な「キャリングソリューション」を提供するIncaseには、雨に強いバッグが揃っている。今回は、特に性能に優れた3モデルを紹介する。

Tracks Backpack 25L

IMG

"All roads travelled. -どの道も、これ一つで"をテーマに、最強クラスの素材の採用や、使い勝手の優れた収納構造や仕様、スタイルを問わない洗練されたデザイン性で、シチュエーションやスタイルを気にすることなく使えるコレクション。

IMG

サイドパネルには、折りたたみ傘の収納に適した拡縮可能ポケットを装備。内側には防水性に優れた生地が使われており、使用して濡れた折りたたみ傘も気兼ねなく入れておける。詳しくはこちら

A.R.C. Daypack

IMG

メインファブリックに水や汚れに強い撥水加工を施したリサイクルポリエステルを使用し、多様なギミックを搭載。汎用性の高いサイズ感と高性能を搭載し、様々なシーンで活躍するユーティリティ性を備えている。

IMG

水や汚れに強い撥水コーティングが施されたリサイクルポリエステル生地と、防水性と耐久性に優れたコーティングが施されたリサイクルポリエステル生地を部分部分に採用。一部に止水ファスナーも使用し、雨に負けない。詳しくはこちら

City Compact Backpack

IMG

ノートPCを包み込むようにクッションを配置した360°プロテクション構造を採用するなど、充実した収納性でいまどきのシティライフにマッチするモデル。

IMG

ファスナーは裏使いにした上、フラップも設置。ファスナー部分からの水の浸入を強力に防止する。詳しくはこちら

万全の梅雨対策でバッグを守ろう

ここで示したような予防・ケア方法を守れば、梅雨の季節も怖くない。万全の対策を施して、快適な日々を過ごそう。

閉じる